みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑
あなたにぴったりが見つかる! アンテナ工事図鑑 » アンテナの故障?トラブル相談

アンテナの故障?トラブル相談

こちらでは、アンテナ工事やテレビの映りについての悩みや疑問にお答えしています。

アンテナ工事に関するお悩み相談

Q1.テレビの映りが悪い原因は?

テレビの映りが悪くなってしまいました。叩いたりゆすったりして見るけれどちっとも良くなりません。「アンテナが悪いんだろうか?」と思ったけれど、どうやらテレビの映りが悪くなる理由はアンテナ以外にもあるようです。

テレビの映りが悪い原因について詳しく読む

Q2.天気で映りは変わる?

テレビは気まぐれで、キレイに写してくれるときとそうでないときがあります。どんな条件で映りが悪くなるのか見当もつきませんでしたが、ある日、ふと空を見るといつも雨が降っていることに気づきます。もしかして、映りが悪いのは天気のせいなのでしょうか。

天気に左右される映りの悪さについて詳しく読む

Q3.アンテナは自分で付けられる?

「専門業者や家電量販店に頼むとお金がかかるから、自分でアンテナを取り付けよう」と考える方もいるでしょう。幸い、日曜大工やDIYには覚えがある。そう思って屋根やベランダを調べ、電波状況を調べて自分でも設置できるかどうかを検討し始めます。

アンテナのDIYについて詳しく読む

Q4.家電量販店のアンテナ工事っていいの?

「アンテナを取り付けたいけれど、業者を探すのは面倒だ」そう思っていた矢先に、アンテナを購入した家電量販店でもアンテナ工事を行なってくれると教えてもらいました。手間が省けるぶんにはありがたいけれど、家電量販店でアンテナ工事をするメリットとは何なのでしょうか。

家電量販店のアンテナ工事について続きを読む

Q5.アンテナが倒れたときはどうするの?

台風の日にテレビを観ていたら、いきなり映らなくなってしまいました。「アンテナがやられてしまったんだろうか?」雨風が収まってから見に行くと、思った通りアンテナが倒れています。こんなときに、どう対処したら良いのでしょうか。

アンテナが倒れたときの対策について続きを読む

Q6.ブースターの故障の原因は?

電波の受信状態がいきなり悪くなってしまいました。「今回もアンテナの不具合だろうか?」そう思ってアンテナを確認してみるものの、アンテナは壊れていないし向きがゆがんでいるわけでもありません。もしやと思ってブースターをチェックしたら、案の定こちらが壊れているようです。雨風にさらされているわけでもないのに、どうしてブースターが故障するのでしょうか。

ブースターが故障する原因について続きを読む

Q7.災害時にアンテナが故障したら?

災害時にアンテナが故障すれば、テレビの電波を受信することができなくなります。そのため重要な情報を得られない状態となるので、故障する前に備えておきましょう。どんな自然災害で故障するのか。また、その災害によって、アンテナにどんな不具合が現れるのか。それを知っておくことで、防ぐことのできるトラブルもあります。災害が起こってからでは対応が難しくなるため、今のうちに確かめておいてください。

災害時にアンテナが故障した場合について続きを読む

Q8.分配器の劣化でどんなトラブルがおきる?

電波を分ける役割の分配器ですが、使っているうちに経年劣化からテレビの映像へ影響をもたらすようになります。劣化して起きるトラブルは何か。耐用年数はどのくらいあるのか。また、劣化した際の対応や分配器の種類についても解説しているので、長年使っていて気になる症状があるなら目を通しておきましょう。分波器や分岐器との違いもまとめているため、確認しておくと良いかもしれません。

分配器の解説と劣化について続きを読む

Q9.特定のチャンネルが映らないときはどうする?

特定のチャンネルが映らない状態には、さまざまな原因が考えられます。どんな理由で映らなくなってしまったのか。どうすれば改善できるのか。早く解決するための手段も紹介しているので、そのまま放置するのではなく参考にしてみてください。突然の事態に、慌てる気持ちから先走った行動をとってしまうかもしれませんが、自分でいくつか確かめる方法もまとめています。

特定のチャンネルが映らないときの対策について続きを読む

Q10.分波器の劣化でどんなトラブルがおきる?

屋内で使っていても、長年使用していれば経年劣化を起こします。分波器が劣化することで起こるトラブルや対応方法を紹介しているため、テレビ映りが気になるときは参考にしてください。分波器の働きを考えた上で機械を点検し、見たい番組を視聴しましょう。どんな種類があるのか。何に気をつければ良いのか。分波器を選ぶ際に必要なポイントもまとめています。

分派器の解説と劣化について続きを読む

Q11.混合器の劣化でどんなトラブルがおきる?

混合器の劣化で起こるトラブルについて、具体的な事例を紹介しています。混合器はどんな機能を持っているのか。その機能が低下することでどんな影響があるのか。機械の種類や活用方法なども説明しているため、テレビ映りに疑問が湧いてくるようなら確認してみましょう。混合器を取り付ける意味。安定した映像を視聴するために何をするべきか。混合器を使うために役立ててください。

混合器の解説と劣化について続きを読む

Q12.700MHz帯の利用によるアンテナ工事とは?

スマートフォンの急速な普及によって、新たに700MHz帯の利用を推進しています。携帯電話の電波帯が変わることで自宅のテレビに不具合が発生する可能性があることをご存知でしょうか?携帯電話の新しい電波帯利用の背景や、不具合が起きた際の対策方法もご紹介しています。

700MHz帯の利用によるアンテナ工事について続きを読む

Q13.積雪時に必要なアンテナ工事とは?

積雪でテレビが映らなくなる原因は、雪解け時の雪の落下によるアンテナの転倒や配線の抜け落ち、雪解け水による配線のショートや凍結による関連機器の故障などです。想定されるトラブルに備え、経年劣化した鉄製のワイヤーを錆びにくいステンレス製に交換して補強する、防水処理を施すなどの対策を講じておきましょう。また雪解け後に何らかの不具合が確認された場合には、専門業者にしっかりとした修理を依頼するのがベストです。

積雪時に必要なアンテナ工事について続きを読む

Q14.太陽光パネルの家にアンテナを設置するには?

太陽光パネルがあってもアンテナは設置できます。ただし、風や強風の影響でアンテナが倒れるとパネルを傷つけるリスクがあるのでパネルから離したところにアンテナを移動する必要があります。また、アンテナによってパネル数を減らさなくてはならないケースや、パネルにアンテナにと外観的にややごちゃごちゃした印象になるなどのデメリットも。

ベストな方法は平面のアンテナを壁面に設置する方法ですが、地域によっては受信の状態が悪いところもあるので屋根への設置がやむを得ない場合もあります。ここでは太陽光パネルのある屋根にアンテナを設置することに関してご紹介します。

太陽光パネルのある屋根にアンテナを設置したいについて続きを読む

Q15.HDDレコーダーとテレビを接続するには?

アンテナの壁側端子とテレビとHDDレコーダーの接続方法をご紹介します。接続には、HDMIケーブルとアンテナケーブルと、2種類のケーブルが必要です。アンテナの壁側端子は複数の種類があり、形によって接続方法や必用な機材が変わります。自宅にあるアンテナの壁側端子を確認してから、正しい接続方法を調べましょう。

HDDレコーダーとテレビを接続方法について続きを読む

Q16.アンテナの寿命はどれくらい?

設置したアンテナは年数の経過によって劣化し、やがて寿命を迎えます。ただし、アンテナの寿命は様々な要因によって延びたり短くなったりするため、事前にアンテナの寿命にかかわるポイントを把握しておきましょう。

設置したアンテナの寿命について続きを読む

Q17.アンテナコンセントの故障の原因は?

テレビ写りが悪いときは、アンテナの故障だけではないかもしれません。アンテナコンセントが故障していることもあります。どのようなことが原因で故障してしまうのでしょうか。

設置したアンテナの寿命について続きを読む

Q18.アンテナのセルフ修理はできる?

テレビのアンテナが修理した際、DIYなどに自信を持っている方であれば、自分でトライしてみようと考えることもあるかもしれません。ただ、テレビアンテナの修理は日曜大工とは違い、高度な技術と専門性が要求されるだけでなく、滑落や感電といった危険も伴います。けっして自分でやろうとはせず、専門の業者を頼るようにしてください。

アンテナのセルフ修理について続きを読む

Q19.アンテナのメンテナンスは必要?

テレビのアンテナは、設置からおよそ10年がメンテナンス・交換の目安となります。これは、雨風や日光などによる経年劣化が避けられないためです。

ただ、メンテナンスを自身でやろうというのは、アンテナ自体の不具合、そしてケガなどのトラブルにつながる可能性がありますので、必ず専門業者に依頼するようにしてください。

アンテナのメンテナンスについて続きを読む

Q20.ブースターって必要なの?

ブースターは、受信したテレビの電波を増幅する装置です。地デジ用と従来のBS用、4K8K対応BS用の3種類があります。また、地デジ用とBS用が一つにまとまった混合ブースターもあります。テレビの電波が弱いことで視聴環境が芳しくないのであれば、ブースターを使用するようにしましょう。

ブースターの必要性について続きを読む

Q21.アンテナは錆びても大丈夫?

テレビのアンテナは、錆びると電波受信に不具合を起こすケースが考えられます。2003年以降に設置されたアンテナであれば非常に長持ちする素材や加工となっていることが多いのですが、気になるのであれば、10年から15年を目処に一度点検をし、不具合があるならば交換をする、ということも検討した方がいいでしょう。

アンテナの錆びについて続きを読む

Q22.アンテナの設置場所は選べるの?

テレビアンテナの設置場所は、希望があれば選択することが可能です。候補は「屋根上」「屋根裏」「外壁」「ベランダ」があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。内容を把握し、希望に沿った場所を選ぶようにしてください。

アンテナの設置場所について続きを読む

Q23.古いVHFアンテナは撤去したほうがいいの?

古いVHFアンテナは、特にテレビ視聴の妨げとなるようなことはないのですが、経年劣化や自然災害による破損、それに伴う滑落などのリスクを伴います。もしまだ屋根上などにVHFアンテナがついているなら、すみやかに撤去するようにしましょう。

古いVHFアンテナについて続きを読む

Q24.ケーブルテレビからアンテナ受信に切り替えられますか?

ケーブルテレビからアンテナ受信への切り替えは、月々のランニングコストの削減になります。もしケーブルテレビを視聴するメリットが特にないということであれば、切り替えの検討をおすすめします。ただし、ケーブルテレビの契約状況によっては余計な出費をしてしまう可能性があるので、切り替えについては現状の契約を確認し、無駄のないタイミングで行うようにしましょう。

ケーブルテレビからの切替について続きを読む

Q25.片流れの屋根にはアンテナを設置できないの?

屋根が一方向にのみ傾いている「片流れ」の家は、屋根へのアンテナ設置が困難であるケースが多くなっています。これは、屋根にアンテナを設置する際に必要な「屋根馬」と呼ばれる台座をセッティングしにくいからです。こうした建物の場合は、壁面、ベランダ、室内など、屋根上以外の場所にアンテナを設置することになります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、内容を把握した上で建物の状態と照らし合わせ、最適な方法を選ぶようにしてください。

片流れの屋根へのアンテナ設置について続きを読む

Q26.利得ってなに?

「利得」はアンテナの性能を表す指標のひとつです。こちらのページでは、テレビアンテナの「利得」について、言葉の意味や内容だけでなく、確認方法などを紹介しています。アンテナを購入・設置するにあたり「利得」は重要な項目の一つですが、その言葉自体を意識したことがある方は少ないのではないでしょうか。

アンテナ選びの指標となる「利得」を理解することで、電波状況や周辺環境などと照らし合わせ、自宅の条件に最も適したアンテナを選びにつながります。ぜひ参考にしてみてください。

利得ってなに?について続きを読む

Q27.スカパーアンテナの種類と違いとは?

スカパー用のアンテナは地上波アンテナと別物になる上、用途によって使うアンテナを選ばなくてはいけないケースもあります。スカパーアンテナについての知識を事前に知っておくことで、アンテナ選びに際しても間違ったものを選ぶことなく、余計な手間を省くことにつながるでしょう。

人気の衛星放送、スカパー(SKY PerfecTV!)の契約を検討している方に向けて、スカパーアンテナの種類と違いをより詳しく解説しています。

スカパーアンテナの種類と違いについて続きを読む

Q28.テレビに表示された「e202」とは?

これはテレビよりアンテナを起因するトラブルで表示されるケースが多いテレビのエラーコード「e202」。テレビに限らず、見たことのないエラーがいきなり出ると、ついつい混乱し、うろたえてしまうものです。下記の記事では、テレビのエラーコード「e202」について、原因や対処方法などを解説しています。場合によっては自力で解決できることもあるので、表示されても慌てず、冷静に対処してできるように、ぜひ一読してみてください。

テレビに”e202″と表示されたについて続きを読む

Q29.パラボラアンテナとは?

衛星放送を視聴するためには必要なものになるアンテナのことです。このページでは「パラボラアンテナ」についてより詳しく解説しています。「パラボラアンテナ」という言葉を聞いたことはあっても、具体的にどういうものかを認識している、という方はそれほど多くはないのではないでしょうか。前もって知識や情報を得ることで、自宅の条件に適したアンテナ選びに役立つのでぜひチェックしてみてください。

パラボラアンテナとは?について続きを読む

Q30.室内アンテナ設置の注意点はある?

テレビ用の室内アンテナは、景観を損ねず、設置が簡単という点で人気があるアンテナです。便利なのですが、条件によっては不具合が出る、さらには使用そのものができない、というケースもあるので注意が必要です。

このページでは、テレビ用の室内アンテナの設置について、メリットやデメリットについて解説。自宅のケースと照らし合わせ、実際に使える条件にあるのかを確認しておくことは、無駄な出費や労力の削減につながります。

室内アンテナ設置の注意点について続きを読む

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社