みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑
あなたにぴったりが見つかる! アンテナ工事図鑑 » アンテナの故障?トラブル相談 » 700MHz帯利用による受信障害防止のためのアンテナ工事

700MHz帯利用による受信障害防止のためのアンテナ工事

総務省は、スマートフォンの普及や、地上デジタルテレビ放送への完全移行を踏まえて、「700MHz帯の周波数再編」を実施しています。

NTTdocomo、KDDI、au沖縄セルラー、SoftBankの携帯電話会社4社が共同で作った一般社団法人が、従来アナログテレビやラジオマイクが使用していた電波帯(MHz)が地デジの移行などにより空いたため、その空いた700MHz帯を携帯電話で利用できるようにしよう!と始まった施策です。

ここでは、700MHz帯とはそもそも何?知らないとどうなるの?といった基本的な疑問から、アンテナ工事の必要性などわかりやすくご紹介します。

700MHz帯の周波数再編は何のために行われるの?

700MHz帯とは?

700MHzという言葉を聞いたことがない方でも「プラチナバンド」という言葉は耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか?

携帯電話が従来利用してきた電波帯は800MHzなのですが、スマートフォンの急速な普及によるデータ通信量の増加によって、つながりにくさや通信速度低下などマイナス面もあります。これらの解決のために、新たに700MHz帯の利用を推進することで、よりスムーズで快適な安定した通信が可能になるのです。

テレビの帯域はどこ?

さて、携帯電話の帯域を低くするための施策ということはお話ししましたが、テレビの帯域はどうなっているのでしょう。

テレビの場合は、710 MHz以下の帯域を各チャンネルに割り振って利用しています。「あれ?そうすると携帯電話の700MHzと重なっている!?」と思いますが、総務省の“700MHz帯の周波数再編”はキリよく700MHzを謳っており、実際に携帯電話に充てられる周波数は718 MHzです。だからテレビの帯域と重なっていることはありません。

テレビに影響がでることもある

電波帯が重なっていないなら、テレビに影響はなさそうですよね。でも、テレビの帯域である710 MHzと、携帯電話の帯域である718 MHzはとても近接しています。

その影響で、一部の住宅では映像が乱れたり、映らないといった受信障害となるケースが発生する可能性があります。ただ、ケーブルテレビや光ケーブルで地デジを見ている場合については、影響はありません。

受信障害が起きたらどうしたらよい?

無料でアンテナ工事が行われる

受信障害が起きた住宅や、受信障害が起こりそうな住宅には、700MHz利用推進協会に問合せることで、同協会の対策員が訪問して確認してくれた上で、無料で対策作業を実施してくれます。

対策作業の流れ

  • ①テレビの受信設備の確認
    テレビアンテナやブースター(旧型)の有無、受信設備の設置状況を確認。
    ※作業場所:室内、屋上や屋根上
  • ②テレビの受信状況の確認
    住人の立会いのもと、次の作業を行う。
    ・テレビ受信状況の確認
    ・ブースター、およびテレビ端子のレベル測定
    ※作業場所:室内
  • ③受信障害がすでに起こっている住宅の場合:回復作業
    今後受信障害が起こる可能性のある住宅の場合:対策作業
    ブースターへフィルターの取付けや交換、作業箇所の撮影
    ※作業場所:主に屋上や屋根の上
  • ④作業の回復または変化の有無の確認
    作業によって受信障害が回復しているか、または、対策作業となる場合、テレビ映像や受信レベルに変化がないかを確かめるため②の作業を再度おこなう。

まとめ

700MHz帯の周波数再編は総務省が主導となって行っていますが、外郭団体の一般社団法人700MHz利用推進協会の作業員の人が、テレビアンテナの調査や工事に、直接訪問する場合があります。ですが、そういった場合でも費用を請求されることは一切ありません。

訪問する作業員は「テレビ受信障害対策員証」を携行しています。同証を帯同していない悪徳業者や詐欺には十分に気を付けましょう。また、BS放送やCS放送の視聴は、電波帯同士に距離があります。携帯電話の700MHz帯利用によって受信に影響がでることはありません。

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社