みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

アンテナを自分でつけたい

「専門業者や家電量販店に頼むと金額がかさむから、自分でアンテナを取り付けたい」と考えている方もいるのではないでしょうか?これからDIYしたいという方に向けて、アンテナの選び方や電波の測定方法、取り付け方を紹介しているので参考にしてください。

アンテナを自分で取り付けるためには?

アンテナの取り付けをDIYしたいという方は、まず電波測定や配線のやり方、屋根や壁面への施工をすべて自分でできるかどうかを考えましょう。アンテナレベルを測るチューナーや測定器はもちろん、アンテナを取り付ける器具も自分で探して購入することになります。また、DIYでは故障の原因や事故の元になる恐れもあり危険です。専門知識を持っていない方は、自分で取り付けずプロに依頼することをお勧めします。

アンテナの購入・選び方

アンテナには、地デジアンテナやBS/CSアンテナ、4K・8Kなどの種類があります。地デジアンテナは八木式で4,000円~とリーズナブルですが、デザイン性を重視した平面アンテナは10,000円~。BS/CSアンテナは5,000円前後で購入できますが、4K・8Kになると平面アンテナ同様10,000円以上になります。
設置時は、アンテナ本体だけでなくケーブルや混合器、ブースター、分配器、分波器なども必要です。インターネットなどで安く売っているものもあるので、費用を抑えたい方は店舗での金額と比較してみてもいいかもしれません。

電波の測定方法

アンテナを設置する前に、必ず電波の測定を行なわなければなりません。電波強度を測るチューナーや測定器によってアンテナの方向を決めます。ただし、ビルやマンションなど障害物がある場合は電波強度が落ちるため、ブースターを入れなければならない場合もあるので注意が必要です。

壁・屋根・ベランダへの取り付け方法

壁への取り付け

電波が受信できる壁面であれば自由に設置できます。ただし、屋根下の壁に設置する際は金具の取り付け部分の長さに注意してください。短いと屋根に引っ掛かり設置できない場合もあります。

屋根への取り付け

屋根馬に乗せアンテナマストを固定し、ステーや支線をゆるみなく張る必要があります。DIYで行なうには落下や事故の危険が伴うので、2人以上で作業をしてください。

ベランダへの取り付け

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合は、ほぼベランダへ取り付けます。専用の金具が必要で、ベランダの外壁(手すりの下)に設置します。

早くて確実。実績のあるアンテナ工事会社を見る

アンテナ種類別DIY取り付け手順方法

それでは次に、アンテナをDIYで取り付けたい方のために、具体的な取り付け方について手順を追って解説していきます。

UHFアンテナ

UHFアンテナは3種類あり、魚の骨のような八木式アンテナ、スタイリッシュで外壁に設置する平面アンテナ、室内に置くだけで工事不要の室内アンテナがあります。室内アンテナは受信感度が悪く、場所によってはテレビが映らない可能性があるため、おすすめできません。

ここでは八木式アンテナと平面アンテナの取り付け方について見ていきましょう。

1.レベルチェッカーで電波確認をして設置場所を特定する

まずはレベルチェッカーという測定器を使って自宅の電波確認をおこないます。アンテナの設置場所は屋根の上、外壁、ベランダなどさまざまですが、レベルチェッカーで一番反応が高い場所を特定します。

自宅付近の電波塔がどこにあるか、山や高層ビルなどの障害物に挟まれていないかなど詳しく調査しましょう。レベルチェッカーは、高性能なものだと非常に高額となるのでレンタルしてもよいでしょう。安価なものはおすすめできません。

また、自宅周辺の住まいではどんなアンテナを使用していて、どの方向を向いているかなど確認しておきましょう。

2.ケーブルの経路と分配器の確認

アンテナからケーブルでテレビのある各部屋まで配線でつないでいく作業があります。この配線経路を事前に確認しておきましょう。テレビが複数ある場合は、分配器と呼ばれる器具が必要となります。

新築の家では既に分配器を設置してくれている場合もあるので確認しておきましょう。電波が分配されることで弱まることもあるので、ブースターを用意しておいた方が無難な場合もあります。あとで調節が必要となるため、手に届く範囲内で設置するようにします。

3.ネットや店舗で必要なものをそろえる

1.で調査した結果、最寄りの電波塔から遠い位置にあり弱電界であるときは、60dBμV/m、0~26素子の八木式・平面アンテナが適しています。アンテナの種類が決まったら、ネットや店舗で必要なものをそろえましょう。

屋根付けの場合、アンテナの脚となる屋根馬、四方を固定するための支線、ワイヤーのようなステーアンカー、マスト、バックル、そのほか穴を空けるための工具やコーキングなども必要となります。 壁付けの場合はアンテナマストに加え、マストジョイント、壁面金具などをそろえましょう。

4.土台から取り付けにかかる

必要なものがそろったら、いよいよ取り付けです。屋根での作業が一番の難解を極めます。まず、土台となる屋根馬にアンテナの支柱となるマストを差込み、ステーアンカーで固定していきます。

壁付けの場合は、壁面金具のビス穴に沿って下穴を開けアンカーを打ち込みます。アンカーを打ち込んだ位置へ壁面金具を取り付け、ビスや金具周辺が錆びないようコーキングをうち、アンテナを取り付けたマストを差込み固定します。

平面アンテナの場合は、穴あけ、ビス留めが主な作業となるので、八木式ほど手間がかかることはありません。あとは配線をつないで作業は終了となります。

5.最寄りの電波塔の方向へアンテナを向ける

最後に電波チェックをします。レベルチェッカーを使って最寄りの電波塔がある位置へアンテナを向けるように調節をおこないましょう。

BS/CSアンテナ

BS/CS放送は衛星放送です。いずれも赤道上空、約36,000kmの静止衛星を利用して放送電波を送信する仕組みになっています。アンテナはパラボラアンテナと呼ばれ丸い円盤のようなかたちをしています。

工事では別途チューナーを必要としますが、テレビに内蔵してある場合は必要ありません。またNHKとの受信料の契約が必要となります。それでは、取り付け方について見ていきましょう。

1.設置場所の特定とケーブル経路の確認はUHFアンテナと同じ

またBS/CSアンテナは、南西方向に向けて設置するのが基本で、地域によって方角・仰角が違います。1度でも違うとテレビが映らない事態になってしまうため、事前に自宅周辺エリアの方角・仰角を調べておくようにしましょう。

衛生とアンテナの間で障害物があれば、テレビの映像が不安定となります。レベルチェッカーで電波確認をおこなっておきましょう。またUHFアンテナ同様、ケーブル経路と分配器の確認も済ませておきます。

2.必要なものを購入する

最近ではレベルインジケーター付きのBS/CSアンテナがセットで売られているので、このレベルインジケーターを使って簡単に角度を調節することが可能です。工事完了後の電波チェックでも非常に役に立つので、セット購入するようにしましょう。 屋根付け、壁付け、それぞれ必要な工具は、ほとんどUHFと同じです。

3.ベースとなる部品の取り付けから作業に入る

屋根付けであれば屋根馬、壁付けであれば専用金具を取りつけ、マストを差込み固定します。UHFアンテナの下の位置にBS/CSアンテナが装着されるようになります。取り付けが完了したら、ケーブルをつないでいきます。

このとき注意したいのは、分配器です。テレビが複数ある場合、地デジケーブルとBS/CSアンテナをひとつにまとめる混合器が必要になります。そして難しいのが角度調節で、付随していたレベルインジケーターで細かく確認しながらおこなっていきます。

角度が取れたら強風などで煽られないよう、しっかりとビス留めをしてコーキングも忘れずおこなうようにします。

DIYでアンテナを設置するうえでの注意点

DIYでアンテナを設置して節約したいと考える方は少なくないのですが、必ずリスクが伴うことを理解したうえで作業するようにしましょう。具体的に注意すべき点をまとめてみました。

  • 屋根上での慣れない作業で落下する危険性がある。
  • 強い風に煽られた拍子にビスが緩み、アンテナが吹き飛ぶおそれがある。
  • 吹き飛んだアンテナが近隣住民に危害を与える可能性がある。
  • 旧4K8Kのアンテナから2019年12月から施行されるBS4K8K対応アンテナへ変更する場合、ブースターなどの周辺機器もすべて交換する必要がある。
  • 苦労して設置しても失敗してしまう可能性も考慮しておこなわなければならない。
  • 見積もりだけを業者に依頼しても断られる業者もある。

まとめ

以上、注意すべき点をまとめてみましたがアンテナ設置には、相当な技術と知識が必要になってくることがわかります。一歩間違えば、取り越し苦労となるばかりか取り返しのつかない結果にもつながります。DIYが少しでも自信がないと感じるのなら、安全で確実性が高いプロの業者にお任せするようにしましょう。

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社