みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
フラットアンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

テレビの映りが悪い

テレビの映りが悪いときに聞くのが、「テレビの電波が悪い」というフレーズではないでしょうか?ここでは、テレビの電波が悪くなる原因についてまとめています。テレビの映りが悪くてモヤモヤしている人は、ご一読ください。

テレビの電波が悪い原因とは?

事例をもとに、テレビの電波が悪くなる原因についてご紹介します。

アンテナの素子が合っていない

魚の骨のような形をしたUHFアンテナのひとつである、素子アンテナ。素子アンテナは14素子と20素子のふたつがあり、素子が多ければ多いほど性能が高いと言われています。そのため、もともと電波が弱い地域で素子数が少ないと、テレビの映りが悪くなる恐れがあるのです。この場合はアンテナを素子数の多いものに交換する必要があります。また電波の受信が悪い地域向けに、バラスタックアンテナというアンテナも発売。どのようなアンテナが必要なのか、調べる必要があります。

アンテナの位置が悪い

電波の強さは、電波を発信している送信所の距離や地形によって異なります。そのためアンテナの位置や向きが送信所の方にしっかり向いていないと、十分な電波が受信できず、テレビの映りが悪くなるケースも。その場合は、送信所へアンテナの位置や向きを変える必要があります。送信所が目に見えるところにあれば問題ありませんが、目に見えない場合は自力で探す必要があるのです。アンテナの位置は自分で改善できない場合があるので、業者に依頼する必要があります。

ケーブルに問題がある

テレビの映りが悪いのは、アンテナだけの問題ではありません。アンテナケーブルが劣化すると、テレビの映りが悪くなるのです。また、アンテナケーブルが長いとノイズを拾うことも。そのため、アンテナケーブルは、可能な限り短くするのがおすすめです。劣化している場合は新しいものと交換する必要があるので、プロの手を借りることもあります。

ブースターの場合

テレビ塔が遠い地域やマンション・アパートの場合は、電波を増幅してくれるブースターを使用することがあります。電波が増幅するのは嬉しいですが、テレビ以外の電波も一緒に増幅。そのため、画質が悪くなるケースがあります。

テレビの電波が悪くなる原因は、いくつかあります。この原因を自分で探すとなると、かなりの労力が必要になることも。プロに頼ることで、確実に改善することができます。困った場合は業者に依頼するのがおすすめです。

テレビの映りをすぐに改善してくれるアンテナ工事会社を見る

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社