みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
フラットアンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

天気によってテレビの映りが悪い

天気が悪いと、テレビの映りも悪くなったという経験がある人は多いのではないでしょうか?それは、電波と天気の関係性が大きく関わってきます。ここでは、天気が原因でテレビの映りが悪くなる原因をまとめてみました。

天気で映りが変わる?原因を究明

天気と電波の話

大雨や台風によってアンテナの間が遮られてしまうと、電波の強度が弱まりテレビの映りが悪くなります。アンテナ受信の場合は強風によってアンテナが移動してしまい、電波を正常にキャッチできなくなりノイズエラーが発生することも。また、ブースターや分配器が屋外にあると、強風の影響で接続コネクター緩むこともあります。

雨の場合はブースターや分配器が経年劣化によって、雨水が内部に侵入して映りが悪くなることがあるそうです。特に古いタイプの分配器は防水性能が甘いため、簡単に水が内部まで浸水することもあるのです。

中でもCSやBSなどの衛生放送は地上から遠く離れた人工衛星から直接各家庭に電波を送るため、電波が届くまでに距離があります。そのため地上デジタル放送と比べて、雨の日にBSやCSが観れないというトラブルが起こるのです。

雪は物理的にアンテナをダメにするわけではない?

BSやCSといった衛生受信放送は降っている雪の影響を受けて、テレビの映りが悪くことがあります。これは「降雪減衰」と言って、衛生の電波が空中にある雪に邪魔されてしまい、アンテナまで届かなくなってしまうためです。

また、中には雪が積もって物理的にアンテナをダメにすることでテレビの映りが悪くなると考えている人は多いのではないでしょうか?実際はケーブルが凍結して、映りが悪くなってしまうのです。もし、アンテナが原因と勘違いをして交換をしてしまうと、無駄な出費になるおそれも。そうならないためにも、原因をきちんと判断できるプロに依頼することが重要です。プロであれば原因をすぐに特定し、適切な処置をしてくれます。

アンテナの調整が必要?アンテナ工事会社の対応を見る

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社