みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

ブースターって必要なの?

ブースターは、受信したテレビの電波を増幅する装置です。地デジ用と従来のBS用、4K8K対応BS用の3種類があり、それぞれに応じたブースターを使用することで、効果を発揮します。

ブースターが必要なケースとは?

ブースターを必要とするケースには、さまざまなものがあります。以下、事例に合わせて説明をしていきます。

複数の部屋でテレビを視聴する場合

アンテナで受信した電波を複数の部屋に分配すると、電波は分散され、弱くなってしまいます。こうしたときには電波をブースターで増幅する必要がついてきます。なお、多くの一戸建て住宅の場合は、ほとんどの部屋でテレビが視聴できるよう、最初からテレビ端子がついているケースが多くなっています。

電波状況が悪い場合

電波状況が悪い場合も、ブースターを使う必要があります。電波状況については、地デジ、従来のBS、4K8K対応BSと、それぞれに対応した電波測定器を使用して客観的に計測します。その数値に基づき、ブースター使用の可否を判断するという形になります。

ブースターの種類について

ブースターには、地デジ用と従来のBS用、4K8K対応BS用の3種類があります。以下、それぞれの特徴について紹介していきます。

地デジブースター

地上波デジタル放送の電波を複数の部屋に電波を分けるなどした際、正常に地上デジタル放送を視聴するための受信レベルを確保できないケースがあります。そうすると、ブロックノイズが入ったり、画面が全く映らなくなったりします。そうした際に使用するのが地デジブースターです。

BSブースター

BS放送の電波を増幅する機器です。地デジブースターとは違う種類の機械になるので、設置時には注意が必要です。

4K8Kブースター

2018年に本格的に実用放送が開始された、4K8K放送の電波を増幅するための機器です。従来のBSブースターとは性能も価格も違うので、注意が必要です。4K8K放送に対応したアンテナであっても。ブースターが間違っていたら電波の増幅はできません。

混合ブースター

混合ブースターは、地デジ放送の電波・BS放送の電波の両方を増幅できるブースターです。混合ブースターと地デジブースターは性能・価格ともに違うので、地デジ・BSアンテナ工事では混合ブースターが使われているかどうかを確認するようにしましょう。

まとめ

ブースターはそれぞれに種類が違うので、環境によって使い分ける必要があります。設定時にはブースターがそもそもいるのかどうか、どんな種類のブースターを使うべきかをキチンと確認し、用途に適したものを用意するようにしましょう。

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社