みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

急に電波を拾わなくなった…

「急にテレビが映らなくなった」「電波の受信状態がガクッと悪くなった」、「でもアンテナの破損や向きには問題がない」そんな症状が出たときに考えられるのはブースターの故障です。こちらではブースターとは何か、ブースターが壊れる原因と寿命、そして対処法についてまとめました。

ブースターの故障かも?
すぐに専門業者を探したい方はコチラ!

ブースターとは?

アンテナに届く電波が弱いとき、またテレビが複数台あるときに用いられるのがブースターです。ブースターは増幅器とも呼ばれ、アンテナが受信したTV波を強く増幅する働きを持っています。アンテナが受信したTV波がケーブルを通り、チューナーが正しく受信できるようにするための仲介役的な存在です。

電波の送信所から自宅が遠い場合、送信所から自宅のあいだに大きなビルがあり受信障害が起きやすい場合、アパートやマンションなどの大規模な集合住宅の場合にブースターが必要になります。

ブースターの故障?見極める方法とは

まずはアンテナが倒れていないか、向きがズレていないかをチェックしてください。とくに問題が見られず、そしてアンテナが正しく電波を拾っているにも関わらずテレビが映らない場合は、ブースターの故障の可能性が大です。ただ、故障の原因は素人目には判断がつきません。最終的な判断は専門業者にチェックしてもらったほうが良いでしょう。プロの目から見て、テレビが映らない原因を追求し症状を改善してくれますよ。

ブースターが故障する原因1:電波が強すぎる場合

ブースターは弱い電波を強く増幅するための装置です。そのため、電波の受信レベルが強いエリアでは必要ありません。電波が強すぎる場合はブースターが正常に作動しなくなり、テレビが映らなくなります。アンテナ設置早々テレビが映らない場合は業者に問い合わせて電波状態を測定してみると良いでしょう。

ブースターが故障する原因2:ブースターの寿命

長年問題なかったが急に映らなくなった、というケースではブースターの寿命が原因として考えられます。ブースターの寿命は素材や使用環境によって幅が出ますが、約10年が目安。設置から10年以上経っている場合は交換を検討してみてください。

ブースターが故障する原因3:異常発振

アンテナとブースターが近すぎる場合、または出力ケーブルと入力ケーブルを一緒に束ねてしまった場合は「異常発振」というトラブルが発生することがあります。修理には専門的な知識が必要になるため、早めに工事会社に問い合わせるのが得策。詳しい症状を専門家に話して、相談してみてくださいね。

ブースターの故障かも?そんなときは専門業者に相談!

故障の原因を突き止めるのも、原因を解消するのも、素人には容易ではありません。できるだけ早く症状を改善したいなら専門知識を有する工事会社に依頼するのが◎です。電話調査を行なって対応がスピーディなアンテナ工事会社を調査したので、ぜひ参考にしてください。

ブースターの故障かも?
電話調査を確認して相談するアンテナ工事会社を選ぶ

ブースター(増幅器)の選び方

たくさんの種類がラインアップされているブースターですが、電波周波数がそれぞれ違う地域や住んでいる環境によっては選ぶべきブースターの種類も変わるため、いったいどれが一番適しているのか、わからなくなります。

ネットや店頭に並んでいる商品には、必ず「db」の単位で記載された数値が示されていて、この規格の意味がわからないことには、自宅のアンテナに適したブースターを探し出すことはできません。まずは、ブースターを選ぶ際に知っておきたい規格について見ていきましょう。

利得(ゲイン)

利得とは、入力した電波信号をどのくらい増幅できるかを表した数値で、英語読みで「ゲイン」とも呼ばれています。入力した信号を基準として「db」という単位で表します。

例えば「27~33db」と記載してあるブースターなら、入力信号がその数値になったときにだけ増幅するようになっています。26dbや34dbの基準外の信号であるとパスしてしまうため増幅しません。

その結果テレビにノイズが入り不鮮明になるなど、ブースターを設置しても機能しない状態に陥ります。中には自由に調節できるよう、dbの範囲を大きくしているタイプのものも販売されているので、受信するTV波がどの程度なのか事前チェックしておくことが大切です。

雑音指数(NF)

雑音指数(NF)とは、受信した信号がどの程度のノイズの影響を受けているかを表す数値で、単位は利得と同じでdbで表します。この数値が小さいほどノイズの影響を受けにくく、受信したTV波の品質を落とすことなく鮮明に映し出すことができます。

定格出力とは

定格出力とは、TV波の受信品質を落とすことなく増幅できる最大出力レベルのことをいいます。この最大出力レベルを超えた信号を受けてしまうと、増幅するどころかデジタル信号が劣化してしまい、最悪の場合ブースターが故障してしまいます。

ブースターを選ぶポイント3つ

以上のような規格が設けられていることから、ブースターを選ぶときのポイントは以下の3つになります。

  • 利得の範囲(db)は大きいほうがよい
  • 雑音指数(NF)の数値(db)は小さいほどよい
  • 定格出力は大きいほうがよい

またブースターには地デジ放送のUHFに対応したもの、BS/CSに対応したもの、両方に対応したものがあり、自身の使用用途や価格などを考慮して選ぶ必要があります。

おすすめ商品紹介

それではここで、TV波の増幅を快適に促すブースターのおすすめ商品を紹介します。現在住んでいる地域の電波周波数をレベルチェッカーなどで調べたら、対応する機種を選んでいきましょう。

4K8K対応で地デジ放送の強電界から弱電界までスイッチひとつ!

DXアンテナ「CS/BS-IF・UHFデュアルブースター(GCU433D1S)」

DXアンテナが提供するこちらの屋外式テレビブースターは、スイッチひとつで強電界用(33dB形)と、弱電界用(43dB形)に切り替えができる業界初のデュアルブースターです。

4K8K放送の高周波数にも対応した高出力設計なので、どんな電波周波数の地域でも広く対応できる能力を持っています。ケーブルの加工、接続状態がひと目でわかるLED機能付き。どんなブースターを選べばいいのかわからない初心者の人に適しています。

口コミ・評判

本体サイズがとてもコンパクトで、設定等も簡単な点が良かったと思います。我が家ではアンテナの根元から線を4本に分けて各部屋に送っており、自部屋でそれをさらに5本に分配しています。そんな状態でもきっちりアンテナレベルを保持してくれるので、とても強力なブースターかと思います。

参照元:amazon https://www.amazon.co.jp/DXアンテナ-BS-IF・UHF-デュアルブースター-水平マストに取付可能-GCU433D1S/dp/B072C5MFVG

コンパクトで取り付けも簡単です。非常に良い商品だと思います。テレビもバッチリ映るようになりました。

参照元:楽天 https://product.rakuten.co.jp/product/-/7da1380f91fcea900f2169cc25632e19/

参考価格

  • Amazon:13,800円
  • 楽天:10,707円

使える卓上型!これひとつで地デジ・BS/CS増幅可能

日本アンテナ「CS・BS/UHF/V-Low・FMブースター(VRB33SU)」

こちらの室内ブースターは、電源プラグをコンセントに差しスタンドに立てるだけの簡単装備。地デジもBS/CSも対応できる2出力電通型です。利得は地デジで25~33dB、BS/CSで20~28dB、雑音指数は地デジで3以下、BS/CSで5以下となっています。利得の範囲が広く、雑音指数の小さい優れものなので、電波周波数の低い地域におすすめのブースターです。

口コミ・評判

卓上型ですので、部屋のテレビコンセントとテレビとの間に当商品をケーブルで接続するだけで使用でき(電源はもちろん別途必要ですが)、面倒な工事が必要ないので、とりあえずテレビ1台分くらいの電波を増幅する上では手軽に使用できるので良いと思います。

参照元:amazon https://www.amazon.co.jp/日本アンテナ-卓上型ブースター-BS・110°CS対応-2出力電流通過型-VRB33SU/dp/B00AZGRB6A/ref=pd_cp_504_2/358-7056747-2814731?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B00AZGRB6A&pd_rd_r=8dac5526-2888-454a-9f79-292c570d4bf5&pd_rd_w=vNQoy&pd_rd_wg=lsM0j&pf_rd_p=960f7b64-96bc-43a7-8a7a-4c4bb301da91&pf_rd_r=1QNRGMN78V94KWT8AWYV&psc=1&refRID=1QNRGMN78V94KWT8AWYV

隣接県の県域放送は広域放送と比較して当然ながら受信電波が弱く、時々正常に受信できないことがありました。そこで、試しにこの商品を使用してみたところ、安定して見ることが出来るようになりました。

参照元:amazon https://www.amazon.co.jp/日本アンテナ-卓上型ブースター-BS・110°CS対応-2出力電流通過型-VRB33SU/dp/B00AZGRB6A/ref=pd_cp_504_2/358-7056747-2814731?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B00AZGRB6A&pd_rd_r=8dac5526-2888-454a-9f79-292c570d4bf5&pd_rd_w=vNQoy&pd_rd_wg=lsM0j&pf_rd_p=960f7b64-96bc-43a7-8a7a-4c4bb301da91&pf_rd_r=1QNRGMN78V94KWT8AWYV&psc=1&refRID=1QNRGMN78V94KWT8AWYV

参考価格

  • Amazon:5,520円
  • 楽天:6,794円

新規格SHマークに準拠した4K8K増幅可能機種

マスプロ電工「家庭用UHF・BS・CSブースター(UBCBW35)」

2018年に始まったBS・110°CS衛星の左旋円偏波による4K8K実用放送に備えられた、地デジ・BS/CSブースターです。新規格であるSHマークに準拠しているので、新4K8K放送を存分に楽しみたい人に適しています。

周波数帯域が広いBS/CS放送のレベル差を自動で調整するための、チルト機能付き入力レベル調整スイッチと異常お知らせ機能を装備。縦型、横型どちらのマストにも装着可能で、室内ももちろんOKな優れものです。

口コミ・評判

4K対応BS/CSアンテナと平面UHFアンテナを設置のため、MIXとブーストの機能を持つ本器を購入しましたアンテナの調整後TVでレベル確認をしましたが、6分配でも十分なレベルを確保できました。

参照元:amazon https://www.amazon.co.jp/4K-8K放送対応用-UHF・BS・CSブースター-35dB型-UBCBW35/dp/B06XGN6T2C/ref=pd_lpo_sbs_23_t_0?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=B0EYM2QG3VF5HMGH0RHR

仕事用に何回も購入させていただいています。本当に助かっています。またリピしたいです。

参照元:楽天 https://product.rakuten.co.jp/product/-/6bc7a98c5498ada5a48fd4b9acecbeb0/

参考価格

  • Amazon:7,380円
  • 楽天:7,580円
調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社