みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

HDDレコーダーとテレビを接続するには?

アンテナを設置したからといって、すぐにテレビ番組が見られるわけではありません。テレビ番組を見るためには、アンテナとテレビ接続しなければいけません。家庭によってはハードディスクレコーダーを取り付ける必用があります。このページでは、テレビとHDDレコーダーとアンテナの接続方法を、出来る限り分かりやすく接続方法をご説明します。

接続に必要なケーブル

接続に必要なケーブルは、この2種類です。壁側の接続端子の形のよって、加工が必要だったり専用プラグが必要だったりします。

  • 1.HDMIケーブル
  • 2.アンテナケーブル

HDMIケーブルは、レコーダーに録画した番組をテレビに映すときに必用になります。 アンテナケーブルは、アンテナで受信した映像をテレビに映したり、HDDレコーダーで録画しながら番組を見たりするさいに必用です。

壁側の端子の形によって接続方法が変わる

家中のコンセントの穴を確認すると、コンセントが差し込めなさそうな穴(端子)が開いていることに気づくでしょう。

これらの穴(端子)はLANケーブルを差し込む穴(端子)だったり、テレビとアンテナをつなぐための穴(端子)だったりします。

テレビとアンテナをつなぐ穴(端子)は複数あり、形によって接続方法やケーブルの数が変わります。

テレビとアンテナをつなぐためには、まず壁側の穴(端子)の形を確認することからはじめましょう。

壁側の端子の形を見分けよう

F型のアンテナ端子×2

丸い差込口が2つついているタイプの端子です。地上波とBS/CSで端子が分かれています。

F型のアンテナ端子×1

丸い差込口が1つついているタイプの端子です。BS/110度CSが受信可能のものと非対応のものがあり、接続方法もそれぞれ違います。

直付端子

直接同軸ケーブルとターミナルで固定するタイプの端子です。ネジが2つついているところが特徴です。

端子の形に対応した加工済みのアンテナケーブルを使う必要があります。

フィーダー端子

2~3つの回せる突起がついている端子です。フィーダー線対応のプラグを取り付けないと接続できません。

壁側の端子によって必用なケーブルの数も変わる

F型のアンテナ端子×2

◆テレビとレコーダーを接続するケーブル

・HDMIケーブル
・アンテナケーブル×2

◆テレビとアンテナを接続するケーブル

・アンテナケーブル×2

F型のアンテナ端子×1(BS/110度CSが受信対応タイプ)

◆テレビとレコーダーを接続するケーブル

・HDMIケーブル
・アンテナケーブル×2

◆テレビとアンテナを接続するケーブル

・アンテナケーブル×3
・BS/CSと地上波を分ける分配器

F型のアンテナ端子×1(BS/110度CSが受信非対応タイプ)

◆テレビとレコーダーを接続するケーブル

・HDMIケーブル
・アンテナケーブル×2

◆テレビとアンテナを接続するケーブル

・アンテナケーブル×2

直付端子

◆テレビとレコーダーを接続するケーブル

・HDMIケーブル
・アンテナケーブル×2

◆テレビとアンテナを接続するケーブル

・アンテナケーブル
・直付端子用未加工アンテナケーブル
・テレビプラグ

フィーダー端子

◆テレビとレコーダーを接続するケーブル

・HDMIケーブル
・アンテナケーブル×2

◆テレビとアンテナを接続するケーブル

・アンテナケーブル×2
・整合器

端子によって変わる配線方法

基本の接続方法

どの端子でも、テレビとレコーダーをHDMIケーブルとアンテナケーブルで接続することは変わりません。

下記のようにつなぎます。注意すべきは、レコーダー側には、アンテナケーブルの差込口が「出力」と「入力」の2種類あることです。レコーダーの差込口は「出力」側ですので間違いないようにしましょう。

接続ケーブル テレビ側差込口 レコーダー側差込口
アンテナケーブル1 アンテナ入力(地上波) アンテナ出力(地上波)
アンテナケーブル2 アンテナ入力(BS/CS) アンテナ出力(BS/CS)
HDMIケーブル HDMI入力 HDMI出力

端子によって変わるのは、アンテナとレコーダーの接続です。

F型のアンテナ端子×2

壁側にF型のアンテナ端子が2つついているタイプは、アンテナケーブルを2つ使います。

接続ケーブル 壁側差込口 レコーダー側差込口
アンテナケーブル1 地上波 アンテナ入力(地上波)
アンテナケーブル2 BS/CS アンテナ入力(BS/CS)

F型のアンテナ端子×1(BS/110度CSが受信対応タイプ)

アンテナケーブルを3本と分配器を1つ使います。

壁側の差込口に1本つなぎ、分配器を使いレコーダー側のBS/CS(入力)と地上波(入力)の差込口に2本のアンテナケーブルをそれぞれつなぎます。

F型のアンテナ端子×1(BS/110度CSが受信非対応タイプ)

アンテナケーブルを2本使います。

接続ケーブル 接続場所 レコーダー側
アンテナケーブル1 壁側差込口 アンテナ入力(地上波)
アンテナケーブル2 BS/CSアンテナに直接接続 アンテナ入力(BS/CS)

直付端子

アンテナケーブルを2本使用します。1本は直付端子専用加工のケーブルをです。

接続ケーブル 接続場所 レコーダー側
加工済みアンテナケーブル 壁側差込口 アンテナ入力(地上波)
アンテナケーブル BS/CSアンテナに直接接続 アンテナ入力(BS/CS)

フィーダー端子

アンテナケーブルにフィーダー線対応のプラグを取り付けないと、壁側に接続できません。

接続ケーブル 接続場所 レコーダー側
フィーダー線対応のプラグを接続したアンテナケーブル 壁側差込口 アンテナ入力(地上波)
アンテナケーブル BS/CSアンテナに直接接続 アンテナ入力(BS/CS)

アンテナ取付業者ならテレビ接続も行ってくれる

ハードディスクレコーダーとテレビを接続するのは簡単なのですが、アンテナとテレビを接続方法は端子によって変わるため、少し難しいです。このため機械が苦手な人は、接続できない場合も多いです。

アンテナ取付業者なら、別途料金はかかりますがテレビやHDDレコーダーの接続も行ってくれます。新規のアンテナ取付の場合、サービスでテレビ接続を行ってくれるところも多いです。

テレビとアンテナ接続は、専用の機材が必要なこともあります。購入するものを間違えたら、お金も無駄になってしまいます。接続方法に悩むよりも、専門家に相談したほうがお金も時間も節約できるかもしれません。

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社