みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
フラットアンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

災害時にアンテナが故障したら?

災害への備えとしてアンテナ工事が必要な理由

テレビのアンテナ

災害に耐久性の弱いアンテナを使用していると、本当に情報が必要な緊急事態にテレビを視聴できないことも。当然、災害時は携帯電話が使えなくなる可能性もありますし、SNSなどの情報は正しいものだけではありません。

テレビの場合、災害時などは緊急警報放送と言って、地震などの発生時に、ピロピロという警報音を発し、災害が発生したことや津波の危険性の有無など災害情報をいち早く知らせてくれます。また、避難が必要なのかや、給水所の案内などさまざまな正確な情報を得ることができます。

アンテナにトラブルが起きやすい災害

テレビアンテナは、自然災害によってトラブルが発生することも。例えば、夏から秋にかけて日本ではたくさんの台風が例年発生します。

強風によってアンテナごと吹き飛ばされてしまったり、風邪によって角度が変わってしまったりして電波が受診できなくなることがあります。また、ゲリラ豪雨のような水害によって故障することも。山間部のような積雪が多い地域の場合は雪の重さでアンテナが故障することもあります。

災害時に発生するトラブルはこれ

災害が発生することでアンテナにトラブルが発生する恐れがあると前述しましたが、では具体的にどのような被害があるのでしょうか。考えられるリスクについてご紹介します。

  • 【屋根とアンテナを留める金属の破損】
    アンテナは基本的に屋根の上に立てられており、常に剥き出しで雨や風を受けている状態です。強風などの被害によって金属が折れてしまったり、ねじが外れてしまったりすることがあります。
  • 【ワイヤーの断裂】
    ワイヤーアンテナの場合などは、年数が経つとワイヤーが劣化し、コーティングが剥がれ、むき出しになった鉄線が錆びていきます。そのもろくなった状態で台風などの災害が発生すると、ワイヤーが断裂しアンテナが倒れてしまうことがあります。
  • 【配線の接続が外れやケーブルの断線】
    地震が発生した場合、アンテナ配線の接続部分が外れたり、豪雪の被害でケーブルが断線したりすることも考えられます。

上記のように、災害が発生した場合はアンテナを接続している部分や支えている部分が原因でアンテナに被害が出る場合や、アンテナ自体が倒れたり、落ちたりすることでテレビが視聴できなくなることが考えられます。

災害時のアンテナ故障に備えよう

災害が発生してから対処するのでは遅く、災害時に情報弱者になることは生死にかかわると言っても過言ではありません。災害を想定して今のうちにアンテナについて知識を持ち、対策を打っておきましょう。

  • 【アンテナ工事業者に相談】
    屋根の上に上がって自分で点検することは危険ですし、正しい知識がないと難しいものです。専門のアンテナ工事業者に一度確認してもらい、アドバイスを受けることも一つでしょう。正しい知識をしっかり持っておくことで災害時のリスクに備えることができます。
  • 【火災保険の見直しをしておく】
    アンテナ工事業者に依頼して災害時に備えておくことが大切ですが、災害の規模によっては新しいものでもアンテナが故障してしまい、修理が必要になることがあります。災害によるアンテナ修理は「火災保険の適用範囲」であることも多いので、今一度保険の見直しも行っておきましょう。
調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社