みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

アンテナのメンテナンスは必要?

テレビのアンテナは、取り付けた後は10年に1回程度のメンテナンスが必要とされています。メンテナンスは個人では行わず、必ず専門業者を頼るようにしましょう。以下、その理由について解説していきます。

アンテナの寿命は10年

テレビのアンテナは原則として屋外に設置されます。継続的な使用による劣化だけでなく、雨や風などによる劣化も避けられません。そのため、一般的にはアンテナの寿命は約10年とされており、メンテナンスを行なう場合は10年に一度の頻度が目安になってきます。

アンテナの寿命については当サイトでも解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

設置したアンテナの寿命について詳しく知りたい

メンテナンス時にチェックするポイント

アンテナの向きはズレていないか

テレビ電波は、電波を発信している送信所の距離や地形などの影響を受けます。受信側のアンテナの向きがズレていると電波の受け方に問題が生じ、テレビの映りが悪くなるのです。

テレビアンテナのメンテナンス時には、まずはアンテナが電波をしっかり拾える向きに設置されているか、風にあおられてズレていないかをチェックします。

支線(アンテナを固定するワイヤー)が外れかけていないか

支線(アンテナを固定するワイヤー)が外れていると、テレビのアンテナがぐらつき、向きが狂うことにつながります。ワイヤーは雨や風、日光などによる経年劣化が考えられますので、アンテナ本体だけでなく、周りのワイヤーなどもチェックしていきます。

配線が腐食していないか 

配線が腐食していると、テレビの映りが悪くなってしまうだけでなく、テレビがまったく映らなくなる原因にもなります。アンテナ本体は、よほど古いものでないかぎり錆びないようなつくりになっていますが、配線は別です。長い年月にわたってアンテナを使用しているほど配線が腐食している可能性は高くなっていきますので、ここも必ずチェックしていきます。

まとめ

高所に設置されたアンテナをメンテナンスには、専門的な技術と知識を持つプロ目線のチェックが必須です。DIYに長けた方であれば、「自分でメンテナンスをしたい」と考えられるかもしれませんが、慣れない人が生半可な知識で対応しようとすると、劣化したアンテナを屋根の上から落下させてしまったり、アンテナを設置している屋根自体をを傷つけてしまったりする可能性が生じます。

また、本来手を入れる必要のないところに手を入れてしまい、結果として不具合を招くようなこともあるでしょう。そして、高所での作業となるため、足を踏み外して落下してしまえば大ケガは免れず、最悪の場合、人命にすら関わる自体にもなりかねません。

テレビのアンテナについては、メンテナンスや取り付けなどを専門的に行っている業者が数多く存在します。メンテナンスを考えているのであれば、まずは専門の業者に相談してみるようにしましょう。目安は、設置から10年となります。

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社