みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

利得ってなに?

テレビのアンテナについて調べる際、「利得」という項目が気になったという方がいるかもしれません。耳慣れない言葉ですが、アンテナを購入・設置するにあたり「利得」は重要な項目の一つとなっています。

このページでは「利得」や、それに基づくアンテナの選び方について説明いたします。

「利得」はアンテナの指標

「利得」はアンテナの性能を表す指標のひとつ。アンテナが電波を受信する際の効率の良し悪しを示すもので、同じ強さの電波であれば、利得が大きいほどアンテナから取り出せる電波が強くなり、弱い電波にも対応できるようになるのです。

また、アンテナの性能を表す言葉に「指向性」というものがあります。これは、電波の放射方向や放射強度の関係を表すもの。"指向性がある"とは、特定の方向に対して放射が強くなることを表しています。なお,全方向に同じ強さの電波を放射できる場合は、無指向性ということになります。

利得が大きいと、特定の方向へのアンテナ感度は高くなるのですが、それ以外の方向に対しては性能が大きく下がります。つまり、放送塔などターゲットがはっきりしているような環境下では、アンテナの方向を合わせられる利得の大きいアンテナが有効になる、というわけです。

逆に、放送塔が見えないなど、どこから電波が飛んできているか分からないような環境では、利得の大きいアンテナはやや不向きと言えます。このように、どんなアンテナが適しているのかは、一概には言えないところがあります。

アンテナの利得の基準は?

アンテナの利得にはデシベル(dB)という単位を使います。デシベルといえば音の強さを表す単位として有名ですが、アンテナにおいては 利得を表す単位のことを指します。ただ、デジベルが2倍だから2倍の感度になる、というわけではないので注意しましょう。

デシベルの基準となるアンテナには、「ダイポールアンテナ」「アイソトロピックアンテナ」の2種類があります。

ダイポールアンテナはシンプルなアンテナで、これを基準としたときの利得を相対利得と言います。構造がシンプルなので目安が立ちやすく、シミュレーターで正確な計測がしやすいアンテナと言えます。ダイポールアンテナの利得の単位は「dB」もしくは「dBd」と表記されます。

アイソトロピックアンテナは、全方向に一様な電波を放出することを仮定した、仮想アンテナです。アイソトロピックアンテナを基準とした利得は絶対利得と呼ばれ、利得の単位には「dBi」が用いられます。

0dB(dBd) = 2.15 dBiなので、相対利得(ダイポールアンテナ)と絶対利得(アイソトロピックアンテナ)では、絶対利得のほうが2.15大きい数値が出ます。同じスペックのアンテナであっても、標記の仕方によっては2.15の差が生まれるということです。

メーカーによって利得の表記が違うので、アンテナを購入する際は単位をチェックしておきましょう。

アンテナの利得を確かめる

アンテナの利得を確認したいときは、まずはカタログや取り扱い説明書を確認しましょう。たいていの場合、数値が書いてあります。あるいは、型番が分かればそれで調べられるでしょう。しかし、もしそうした資料が手元にないということであれば、外側から見た形状で判断する必要が出てきます。

設置はプロに任せる

とはいえ、こうしたアンテナを素人が生半可な知識で取り付けるのは、不具合や事故などのリスクがあります。アンテナの設置は、専門業者に任せるのがいいでしょう。

テレビのUHFアンテナには「八木式アンテナ」「平面アンテナ」「室内アンテナ」といった種類のものがあります。それぞれに特徴が違い、その判別も素人には難しいので、条件を確認してもらい、現状に即したアンテナを選んでもらった上で設置までを一括で依頼するのが時間や労力、手間が省けるはずです。

ただ、不要なアンテナを高額で買わせてくる業者と出会ってしまう可能性も捨てきれないので、信用できる業者が思い当たらない場合は、いくつかの業者を呼んで相見積もりをとるのが確実です。

アンテナの利得を知り、的確なアンテナ選びを

アンテナを選ぶには、アンテナそのものの品質に加え、地域の電界地帯や周囲の建造物、立地条件、自然環境など、さまざまな条件を考慮に入れることが大切です。放送塔や中継塔に近い、電波が強いエリアであれば利得の大きなアンテナがいいのですが、そうではない条件の場所もあるはずです。

条件によって最適なアンテナは大きく変わってきますので、アンテナ選びで失敗したくないということであれば、信頼できるアンテナ設置業者に依頼するのが一番です。

難しいことは、何事も専門家に任せるのが一番。素人が生半可な知識で手を出そうとはせず、専門家を頼って最初から最後まで一括でやってもらえば、トラブルなくスムーズに、テレビが視聴可能な状態へと持っていってくれるはずです。

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社