みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
フラットアンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑
あなたにぴったりが見つかる! アンテナ工事図鑑 » 新築アンテナ工事の流れ » 4K・8K対応アンテナにしたほうがいい?

4K・8K対応アンテナにしたほうがいい?

4K・8Kテレビを観るためにはアンテナも新調しなければならないといわれています。こちらでは、4K・8Kについて詳しく解説。アンテナを変える必要性についてもまとめました。

4K・8Kとは

まず、4K・8Kについて説明しましょう。

4K・8Kテレビでは、今までのテレビに比べて何倍も鮮明な映像を楽しめます。

テレビの臨場感や鮮明さは、画素数で決まります。画素とはつまり色の粒のこと。色の粒が多ければ多いほど、細やかな部分まで鮮明に表現することができます。

Kは千という意味で、4Kは約4千画素、8Kは約8千画素数であることを意味しています。 映像の美しさで話題となったフルハイビジョンは2Kですから、4Kは2倍の、8Kでは4倍の画素数の映像を楽しめることになります。

4K・8Kの映像をテレビで楽しむためには、アンテナやテレビなどの準備が必要です。

4K・8Kを視聴する際の注意点

現在すでに4K・8Kのテレビが放送されています。4K・8Kを見るためには4K・8Kテレビを購入すればよいと考えている方も多いでしょう。確かにネット上で配信されている4K・8K番組を視聴するうえでは、間違っていない考えです。

しかしネットではなく、衛星放送で4K・8K番組を楽しみたい場合は、対応テレビだけでは4K・8K放送を視聴することができません。放送を受信し、鮮明な映像の4K・8Kを楽しむためには、様々な準備が必要です。

4K・8K放送を受信し楽しむ場合、以下の機器を用意しましょう。

  • 4K・8K対応テレビ
  • 4K・8K対応アンテナ
  • 4K・8K衛星放送対応の受信機

最低でもこの3つが必用になります。「4K・8K衛星放送対応の受信機」にはCAS(ACASチップ)も必要です。受信機とはテレビやチューナーのことを指します。ただし現在販売されている多くの4K・8K対応テレビには受信機がついていないので、チューナーを購入することになりそうです。

また4K・8K衛星放送は、現在使用されている放送波に加え、新しい放送波でも提供されます。

現在使用されている放送波で視聴する場合は、機器や配線の交換は不要です。ただし施工環境などでは機器や配線の交換が必要になる場合があります。

新しい放送波で4K・8K放送を視聴する場合は、アンテナや同軸ケーブルなどの機器交換が必要なこともあります。

4K・8Kテレビ視聴でネットが繋がりにくくなる?

古いタイプのアンテナの増幅器や分配器などは、同軸ケーブルの芯線を露出して取り付けるタイプのものがあります。そのような環境で4K・8K放送の周波数帯を受信すると、露出した芯線から電波が漏れることがあります。

電波が漏れると、その他の無線通信に影響を与え、自宅のPCがインターネットにつながりにくくなる恐れなどがあります。

このため古いタイプのアンテナ機器も、4K・8K放送を視聴するうえで交換の対象となります。

4K・8Kアンテナとは?

簡単に説明すると、4K・8Kアンテナは、4K・8Kという画素数が多い鮮明な放送を受信するために作られたアンテナです。

実は、テレビを買うだけでは4K・8K放送は見れません。衛星から送信される4K・8K放送の電波を受信するアンテナが必要です。

4K・8Kテレビで映りが良くなる理由

4K・8Kは、とても鮮明なテレビや放送サービスに使われる用語です。Kとは1,000(キロ)のこと。4Kは横方向に4,000画素、8Kは横方向に8,000画素あるという意味です。画素が多いほど高精密な映像になります。ちなみにフルハイビジョンは2K。4Kの画素数はフルハイビジョンの4倍、8Kは8倍ということになります。

数字が大きくなるほど画素が大きくなるため映像が鮮明になり、臨場感のある映像を楽しむことができるのです。

4K・8Kの周波数に対応したアンテナが必要

家庭用のアンテナやブースターが対応している周波数は、2600Mhzまでがほとんど。4K・8Kに対応するとなると周波数の帯域は3200Mhzまで必要です。周波数が違うので、テレビだけではなくアンテナ本体やブースターを揃える必要があるのです。

また、発売されている4K・8Kテレビは、4K・8K画質を表示できるのですが、チューナーは搭載されていません。ネット回線で配信されるHuluやNetflix、スカパーなどのオンデマンド放送(放送時間が決まっておらず、視聴者が観たいときに映像コンテンツを視聴することができるサービス)はチューナーを使わなくても問題ありませんが、4K放送を受信するとなると新しいチューナーも必要になります。

衛生から送信されるという仕組みを見ると、BS放送やCS放送と近いともいえるでしょう。

すべての周辺機器を揃える必要はない

ただ、すべて新しいものに変えなくてはならないというわけではありません。アンテナ端子やアンテナケーブル、分配器などは、旧規格でも対応できる可能性があります。特にアンテナケーブルは必ずしも4K・8K対応である必要はなく、屋外に引く場合は屋外に対応しているかどうかのほうが重要です。

旧規格では対応できない場合もあるので、詳しくはアンテナ工事を行なっているプロの方に聞いてみると良いでしょう。

4K・8Kを視聴できるようにするメリットとデメリットは

4K・8K視聴のメリット

4K・8K視聴のメリットとして、一番にあげられるのが映像の鮮明さです。現在のテレビの映像の鮮明さは画素数で決まります。

4K・8Kテレビの画素数は、フルハイビジョンの4倍から16倍の画素数で構成されており、まるでその場にいるような臨場感を楽しめます。

また画素数だけではなく、4K・8Kテレビの映像は以下の点で美しくなりました。

  • 表現可能な色が増え、肉眼で見る色に近い表現ができる
  • 1秒間に最大120コマの画像を表示し、滑らかな動きの表現が可能に
  • 色調の表現が1,600万階調から10階調へ拡大し、色や明るさの変化がより自然に
  • HDR技術(ハイダイナミックレンジ)により、明暗の幅が広がり現実に近い明るさの表現が可能に

4K・8K視聴のデメリット

4K・8K視聴のデメリットはなんでしょうか。筆頭にあげられるのは4K・8Kを視聴できる環境を整えることが大変な点です。

4K・8K対応のテレビを用意するだけではなく、アンテナやチューナーなどの受信機を揃える必要があります。また環境によっては分配器や同軸ケーブルの交換なども必要な場合もあります。

素人が、4K・8Kテレビの視聴に何が必要かを判断するのは難しいため、専門家に相談したほうがよいでしょう。ただし業者にすべてをまかせて、うっかり必要のない機器まで交換しないように注意してください。

また4K・8Kテレビとは直接関係はないのですが、これから4K・8Kテレビが広まり一般的になると、不安を煽り工事を勧める悪徳業者が出てくる可能性が考えられます。

4K・8K放送が広まっても、地上デジタル放送や従来の衛星放送は問題なく視聴できます。4K・8Kテレビが見れないからといって、地上デジタル放送や従来の衛星放送も見れなくなることはありません。

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社