みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑

BSアンテナの工事で知っておきたいこと

BSアンテナの設置工事を業者に依頼する前に、工事の料金体系や必要な設備、DIYの可不可、気になる質問などの概要を知っておきましょう。

BSアンテナの価格・費用相場

気になるアンテナの価格、工事の費用相場などを見ていきましょう。

アンテナ本体の価格・費用相場

丸い円盤のようなかたちをしたBSアンテナ本体のことを「パラボラアンテナ」と呼び、価格は4,000円~12,000円程度が費用相場です。配線などをセットとして販売している場合が多く、10,000円を超えてくるものは4K8K放送に対応したものです。

4K8K放送対応は旧式のBSアナログ放送のものと、2019年12月から施行される新型ハイビジョンのBS4K8Kとがあり、価格は新型の方が高額となります。

業者に工事を依頼した場合の価格・費用相場

既に地デジアンテナを設置していてBSアンテナを追加で工事したい場合の価格、費用相場は本体込みで20,000円~30,000円といったところです。作業が省略されることから費用はそんなに高くはありません。

業者に地デジ&BSで工事を依頼した場合の価格・費用相場

新築の場合は、地デジアンテナも一緒に工事をしてほしいパターンもあるでしょう。この場合の価格、費用相場は50,000円~65,000円程度です。新型ハイビジョンのBS4K8Kとなると、本体価格が高額となることから100,000円前後となります。

BSアンテナ工事で必要な設備とは?

BSアンテナはベランダに備え付けができるタイプのものも多く出回っています。正確に南南西に向かって角度調節ができる環境であれば、ベランダでも問題ありません。室内は、アンテナと衛生との間に壁や窓などの障害物が加わるため、映像が安定せず避けたほうがよいでしょう。また複数のテレビでBS放送を見たい場合、配線上にBS専用の分配器が必要になります。

もし既に地デジ専用の分配器が設置されているのなら、取り替えが必要となり各部屋のテレビまで届く長さの配線も用意しなくてはいけません。

BSアンテナ工事は自分でDIYできるのか?

既に地デジアンテナの設置が施してあり、BSアンテナの工事を自分でDIYするのなら、設置場所の確保や電波チェック、配線だけで済むので工事は屋根の上で一から工事をすることを思うと比較的簡単に済みます。

DIY用のキットとして、アンテナ、配線、レベルチェッカーまでセット販売されているBSアンテナも存在するので、大変便利です。

ただDIYにはリスクもあります。施工に不備があり、突風で飛ばされ思わぬ事故を招いてしまう危険性や、何らかの原因でテレビの映像が不鮮明だったり映らなくなってしまうことも。自信のない人は、無理をせず業者に依頼するのが得策でしょう。

よくある疑問・質問

Q:
BSアンテナの受信方向ですが、住宅の向きが東側の場合、南西方向以外で受信することは絶対に不可能ですか?
A:
衛星放送の電波は、東経110°、赤道上の高度約36,000Kmの静止軌道から地球上に向けて発射しています。従って、BSデジタル放送を受信する場合には、BSアンテナを南西方向に向けないと絶対に受信することができません。
Q:
BSアンテナはどこにでも設置できますか
A:
電波調査をふまえて受信可能な場所であれば、ベランダ、壁面、屋根、窓枠など、さまざまな場所に設置することができます。
Q:
BSアンテナの電源はどこにあるのですか
A:
BSアンテナに電源がありません。受信できる環境に設置してテレビに配線すれば視聴できるようになっています。
Q:
BSアンテナレベルの具体的な測り方を教えてください
A:
BS放送を受信するにはアンテナレベルが50以上必要です。アンテナレベルが弱いと放送が途切れるなどの不具合が生じます。アンテナレベルの測り方は「アンテナレベルチェッカー」という専用の器具を使って測定します。数千円程度で購入できます。
Q:
BSアンテナレベルの数値が低いときは?
A:
ブースターなどを使って電波の感度を強める方法があります。
Q:
BSアンテナの配線を室内に引き込む方法がよくわかりません
A:
一般的によく使われているのはエアコンのダクトから引き込む事方法です。配線の為に壁に穴をあけたりせずに配線を引き込めるので手軽にできます。窓やドアのサッシの凹凸に対応できる引き込み線なども売られていますが、サッシが重いと断裂してしまうことがあるので注意しましょう。
Q:
現在使っているBSアンテナを引越し先でも使いたいのですが
A:
現時点で特に不具合が出ていなければ、再び使用していただくことは可能です。ただし、設置箇所によっては別途金具が必要になるケースもあります。
Q:
スカイパーフェクTVのCSアンテナはBS放送には使えないのですか
A:
CS放送はBSデジタル放送とは仕組みが異なり、CS放送用のチューナーとアンテナでBSデジタル放送を受信することはできません。BSデジタル放送をご覧になるには、専用の「BSデジタルチューナー」とBSデジタル放送を受信するための「BSアンテナ」が必要です。
Q:
アパートやマンションでBSアンテナを設置するには?
A:
南西の方角にベランダや窓などアンテナを設置して受信できる環境があることが必要になります。アンテナから受信できない環境の場合はケーブルテレビなどと契約することで見る事ができます。
Q:
BSアンテナの寿命はどのくらいですか
A:
設置条件や環境によって変わりますが10年前後といわれています。アンテナの劣化以外にもネジが緩んで角度がずれる、配線が断裂するなどで故障することもあります。

まとめ

オリジナリティ溢れる番組に魅了される人が増え、一般家庭での普及が当たり前の存在となってきたBS放送。これから高まりを見せるであろうハイビジョンのBS4K8Kの普及とともに、BSアンテナの工事を業者に依頼するか、自分でDIYしようか、判断に迷う人も増えてくる傾向にあります。

どちらを選んだにせよ、価格、費用相場、設置できる環境、DIYしたときのリスク、衛生と通信するため南西の方向に向けることなど、これらの知識は最低限押さえておきたいポイントとなります。失敗しないためにも事前調査は必ずおこない、快適にBS放送を楽しむ生活プランを立てるようにしましょう。

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社