みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
フラットアンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑
あなたにぴったりが見つかる! アンテナ工事図鑑 » 新築アンテナ工事の流れ » アンテナが災害で故障したときは火災保険を使えるの?

アンテナが災害で故障したときは火災保険を使えるの?

アンテナ 故障

近年は異常気象と言われるほど、台風や地震の被害が多くなっています。

こういった自然災害によってアンテナが故障してしまったら、修理をしないとテレビが観られません。そんな時に活用したいのが火災保険です。

ここでは、アンテナの故障の原因や火災保険の適用に関してご説明します。

アンテナは故障しやすい環境にある

アンテナは屋外用のものがもっとも電界強度が高いので、一般的に屋根やベランダに設置されています。屋根やベランダは雨や風の影響を受けやすい場所ですから、大雨や台風でアンテナが倒れたり、外れて落下したりして壊れるリスクがとても高いのです。

地域によっては豪雪になり、折れてしまうこともあるでしょう。アンテナは天候の影響をダイレクトに受けてしまうため、故障しやすいのですね。

災害による破損でも保険は適用される?

火災保険の災は災害の災ですから、自然災害による損害はほとんどが補償されます。大雨や台風も自然災害ですから、これらの災害によってアンテナが壊れてしまった場合には、当然ですが保険が適用されます。

これらの災害に対しては、水災補償もしくは風災補償を使うことができます。火事の時にしか使えない、と思い込んで請求をしないともったいないので、必ず請求しましょう。

ここで注意したいのが、火災保険は請求フォーマットにすべて自分で記入しなくてはいけないということです。内容を間違えると保険がおりないので、自信がない方は専門業者に相談してください。

アンテナ修理を請求する前のチェック事項

野外に露出しているアンテナは、風雨などで故障してしまうリスクを抱えています。故障の費用はそれなりの値段がかかります

実はアンテナ修理は火災保険の適用範囲であることが多いということを知っていましたか。火災保険で修理費用が無料になったり、あるいは大幅に費用を少なったらお得ですよね。

火災保険が適用されるケース

テレビアンテナの敵は、風雨や積雪です。どんなにしっかり固定していても、年月が経つほどに劣化し、風に飛ばされやすくなります。

強風・大雨・豪雪といった被害は適用範囲に含まれていれば火災保険の保証範囲です。いくつかの火災保険では、天候によるアンテナ破損が補償の適用範囲に含まれています。

どの補償になるかは、原因によって変わります。雪なら「雪災補償」、強風が原因であれば「風災補償」という火災保険を適用することができます。

アンテナ破損も補償範囲に含まれる火災保険を適用すれば、多くの場合アンテナの修理費用を最大0円に抑えられます。

火災保険の適用範囲と注意点

ただしどのような火災保険でも、アンテナの修理費用が補償されるわけではありません。

火災保険によっては、アンテナの破損を補償範囲に含めていない保険もあります。

またたとえ補償範囲に含まれていたとしても、補償費用に制限が課せられている保険も多いです。

  • 減額だけの場合
  • フランチャイズ方式(設定された金額に達しなければ補償されない)
  • 一定の自己負担額が定められている(修理費用が自己負担額に達しなかったら補償されない)
    • またアンテナが故障してから、申請できるまでの期間も注目ポイントです。保険によってはアンテナ故障から、数か月以内に申請をしなければ、補償を受け取れないものもあります。

      • 天候によるアンテナ破損が補償の範囲内か
      • 補償費用に制限がないか
      • アンテナ故障から申請が可能な期間
        • 上記の3つのポイントに注目しながら、現在加入している火災保険の補償内容を確認してみてはいかがでしょうか。

          調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社