みずほアンテナ 棟梁ドットコム クラウンクラウン
地デジ
アンテナ工事

8,900円~


地デジ
アンテナ工事

19,000円~


地デジ
アンテナ工事

22,000円~


あなたにぴったりが見つかる!アンテナ工事図鑑
あなたにぴったりが見つかる! アンテナ工事図鑑 » 新築アンテナ工事の流れ » UHFアンテナの選択基準は送信局からの距離できまる

UHFアンテナの選択基準は送信局からの距離できまる

アンテナ 故障

送信局とは、地デジの電波を発信する設備です。全国各地に設置しており、混線を避けるために、チャンネルや偏波が変わります。

UHFアンテナを選ぶ際、この送信局との距離がとても重要になります。

なぜなら、電波は遠ければ遠いほど、受信しにくくなってしまうからです。そのため送信局から離れた場所で電波を受信したいのならば、それだけ受信しやすいアンテナを設置する必要があります。

このページを読んで、送信局に合わせたUHFアンテナの選び方を知りましょう。

UHFアンテナとは

UHFアンテナとVHFアンテナ

まず、地デジを受信するために設置する、UFHアンテナについて詳しく解説します。

テレビ放送を受信するアンテナは、「VHFアンテナ」と「UFHアンテナ」の2種類があります。

VHFアンテナとは、アナログテレビを見るためのアンテナです。アナログテレビの電波(超短波)の受信に特化したアンテナですので、地デジの電波を受信することはできません。

VHFアンテナは、2012年にアナログ放送が地デジ放送に完全移行された現在、ほとんどの地域で見ることはありません。

対してUFHアンテナとは「Ultra High Frequency」の略で、地デジ放送を受信するためのアンテナです。

地デジ放送は470MHzから770MHzまでの電波に、13から62までの番号が割り振られて使用されています。これに対応してUFHアンテナは、地デジの電波を含む300MHzから3GHzまでの周波数の電波(極超短波)が受信できるように作られています。

3つの種類があるUHFアンテナ

UHFアンテナには主に3つの種類があります。

1つは八木アンテナと呼ばれるアンテナで、屋根の上によくある魚の骨のような形をしたアンテナです。昔から現在まで使われているだけあって受信感度がとてもよく、比較的安価で手に入ります。

2つめはデザインアンテナとも呼ばれているアンテナです。長方形型の平面アンテナで、複数のカラーがあるため家の外観の景観を損ねなません。八木アンテナと比べても受信感度は劣りませんが、屋根より低い壁に取り付ける分、受信感度がやや低くなります。

3つめは室内用のアンテナです。こちらは受信感度が低く、電波の環境によっては使えない環境もあります。

UHFアンテナと送信局の関係とは

送信局とは

送信局と受信地までの距離によって、利用するUHFアンテナが変わります。

送信局とは、地デジの電波が発信される設備のことを指します。地デジ放送とアナログ放送で電波が発信される送信局が異なることもあり、区別化のために地デジの電波を送信する送信局をUHF局と呼ぶこともあります。

この送信局は全国各地にあり、アンテナを設置し送信局に向けるだけで、ほとんどの地域で地デジを見ることができます。例え大きな山があっても、山の頂上に中継地が設置されており、電波が妨害されないようになっています。

地域によっては複数の送信局の電波が届く場所もあります。両方の放送を見たい場合は、UHFアンテナを複数用意し、それぞれの送信局を向けて設置するとよいでしょう。

送信局とUHFアンテナの関係

電波の性質上、送信局から遠ければ遠いほど、電波は届きにくくなります。電波の届きやすに合わせて、送信局に近い地域から「強電界地域」「中電界地域」「弱電界地域」「微弱電界地域」と呼び名が変わります。

UHFアンテナは、それぞれの電界地域に対応しているものを選ばなければなりません。

また電波は混線を避けるため水平偏波垂直偏波があり、それらにも合わせて設置する必要もあります。

水平と垂直の両方に対応しているアンテナもありますが、水平偏波にしか対応していないものもあるので注意しましょう。

UHFアンテナの選び方

アンテナ選びで注目すること

利用するUHFアンテナは、「電波を発信する送信局との距離(電界強度)」と、「偏波面」と、「受信チャンネル」によって変わります。現在はインターネットで、自分がいるところの「電界強度・偏波面・受信チャンネル」を簡単に調べることができます。

受信地の「電界強度・偏波面・受信チャンネル」が分かったら、対応しているUHFアンテナを準備しましょう。「偏波面」と「受信チャンネル」は、アンテナに表記されています。

「電界強度」については、「素子数」と「利得(db)」に注目してアンテナを選ばなければなりません。利得(db)とは、電波をどれだけ受信できるかを表す数値です。強電界の場合5db以下、弱電界の場合7~14db程度の数値が必要と考えられています。そして素子数は、大きければ大きいほど、電波を受信する能力が高くなります。

つまり電波が届きにくいところほど、素子数と利得(db)が大きいUHFアンテナを用意しなければなりません。

お手軽なアンテナ確認方法

インターネットでわざわざ受信地の情報を調べるのは面倒、という方もいるでしょう。

インターネットで調べずに、受信地に合ったUHFアンテナを確認したいのなら、近所の屋根についているUHFアンテナの観察しましょう。どの方向に送信局があるのか、どのようなアンテナを利用すれば地デジが見れるのか、大体分かります。

小さめのアンテナが多ければ、その地域は強電界地域である可能性が高いです。逆に大きいアンテナがいくつもあれば、弱電界地域の可能性が高くなります。

近所に電気屋に尋ねるのもよいです。同地域の住人が地デジアンテナを購入している可能性が高く、店員も受信地の電波環境を知っている可能性があります。

ただしこの方法は、費用が高いアンテナ設置業者を紹介される可能性もあるため注意してください。

そして一番確実で手軽なのは、専門業者にまかせることです。

調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社調査でわかったおすすめのアンテナ工事会社